⧹⧹ 参加登録はこちら ⧸⧸

渡邉博文

Pythonとベイズ統計

AI・機械学習が当たり前のものになりつつある昨今ですが、その基盤に大いに関連しているのがベイズ統計です。パラメータチューニングを自動的に行うツールが増え、ブラックボックス的にモデルチューニングも可能となる中、少し基本に立ち返って(初学者の方にとっては、新たに学びながら)、問題に適した方法の選択、開発を行いましょう。(それが、次の競争優位と成り得ます。)

20分 (講演)
渡邉博文
大学、ソフトウェア企業、国立研究機関の研究員、講師などを経て、独立。株式会社ウィズメーティス代表取締役。専門は、量子力学などを基礎とした計算機シミュレーション、医薬品分子設計。